進化した整形術|二重治療はかなりポピュラー

切開法の2種類の施術

カウンセリング

二重の整形に昔から行われているものがあります。それは切開法です。近年は部分的切開法と全切開法の2種類ありますが、いずれもメスで切開して脂肪を取りだして二重にするというものです。部分的切開法は非常に人気がありますが、その理由は二重を半永久的に維持することができる点にあります。たとえば、糸をまぶたに入れて二重ラインを作る埋没法であれば、糸が抜ける可能性があります。切開法にはそのような心配はありません。しかも、まぶたが厚い人の場合は脂肪を取り出すことで目元がすっきりすることもあります。それでは、施術後のアフターケアはどのようにすれば良いかというと、特にありません。滅多にありませんが、腫れることがありますので、そのような場合であっても自然放置しておくと、1週間もすれば完治します。ダウンタイムはほとんどありません。施術時間も30分以内に終わることから、非常に手軽に受けることができる整形です。切開するといっても1cm程度しかきりませんので、心配することもありません。

まぶたが非常に厚ぼったい場合は、部分的切開のように少しの脂肪を取り出すだけでは二重にはなりません。そういう人には全切開がおすすめの美容整形です。厚みを取ることで目元がすっきりすることもありますので、全切開が良いでしょう。それでは、どのような施術内容なのかというと、次のようなものです。つまり、二重にならなかったり厚ぼったくなるのは、まぶたに脂肪が必要以上に多いからです。そのため、この脂肪を取り除くことが解決手段になります。それが全切開です。しっかりと余分な脂肪を取り出してラインを作ります。部分的切開よりも当然ながら取り出す脂肪は多いですが、理想的な二重ラインを作ることが可能です。その効果も半永久的です。美容整形の中でも最も確実性の高い施術方法です。ダウンタイムについても部分的切開とあまり変わりません。腫れが出たときには1週間程度様子を見るとじきに引いていきます。アフターケアとしてはアイメイクは1週間程度控えることです。その他には特にありません。